ボストン スカルプ エッセンス 効果

ボストンスカルプエッセンスの効果が気になる

今話題の新成分、キャピキシルとピディオキシジル。
その両方を含んでいることで有名なのがボストンスカルプエッセンス。

 

これらの新成分は一体どんな効果があってどんな評判なんでしょうか。

 

話題の育毛剤をご紹介いたします。

 

ボストン スカルプエッセンスの販売元は?

ボストンスカルプエッセンスは株式会社エスロッソが販売するローションタイプの育毛剤です。

 

エスロッソは頭皮、毛髪ケア商品を専門で販売しており、他にもシャンプー、コンディショナー、サプリ、女性用シャンプーなども扱っています。

 

ボストン スカルプエッセンスの効果と成分

有効成分3種

 

・ピディオキシジル
血行促進。ミノキシジル誘導体

 

 

・グリチルリチン酸2K
毛穴の炎症を抑制。 フケとかゆみを防ぐ。

 

 

・キャピキシル
脱毛因子(5αリダクターゼ)の阻害。

 

他社育毛剤と比べると、ピディオキシジルとキャピキシルは少し変わった成分ですね。

 

 

育毛剤界でその効果の高さの反面、副作用でも有名であるミノキシジルという成分があります。ピディオキシジルはそのミノキシジルに非常に近い構造(誘導体)を持った成分で効果もミノキシジルに近いと言われています。

 

 

つまりミノキシジルの高い効果をなるべくそのままに、副作用のリスクを極力抑えた成分と言えるでしょう。

 

 

キャピキシルは育毛効果がなんとミノキシジルよりも高いとされている成分で、今注目の成分でもあります。これは、脱毛に直接作用する5αリダクターゼと呼ばれる信号を阻害する作用があります。

 

 

育毛有効成分では無いですが、強い抗酸化作用を持つフラーレンを配合しているので頭皮を柔らかい状態に保つ効果も期待できます。ちなみにフラーレンのノーベル賞と育毛効果自体は全くの無関係です。

 

 

他にも細胞の活性化とヘアサイクルの正常化を担う成長因子のタンパク質も含まれています。また成分に関しては頭皮にダメージを与える可能性のある刺激物質を避けていることもポイントです。

 

ボストンスカルプエッセンスの口コミ・評判

ボストンスカルプエッセンス専門では無いですが、2chのキャピキシル系スレッドから評判を抜粋してみました。

 

 

ミノキシジルは情弱アイテム。これからはキャピキシル。(の方が効果があった)
朝夜ボストンだが、費用対効果がかなり低い。かといって他に効くの無いし。
ボストンつけてるが乾くと白い粉っぽくなるのが難点。

 

 

意見数としては少ないのですが、実際の効果が期待できそうな書き込みが多いですね。

 

 

ちなみに白い粉を吹いてしまう方は、時間をおいてシャワーで流し、朝は少しだけにしている模様。ボストンスカルプエッセンスはこの辺の対策がネックになるのでしょうか。

 

 

しかしコストパフォーマンスはあまり良く無くデメリットもあれど、一応効果は見込める商品のようですね。

 

ボストンスカルプエッセンスの効果的な使い方を公開!

公式サイトでは特に使い方の指南はないのですが、いくつかオススメの使い方をご紹介します。

 

 

まず仕様のタイミングは朝晩の2回。
晩に関しては、洗髪後髪の毛がしっかりと乾いてからの方がより高い効果が見込めます。
(不要な油分や水分は浸透の妨げとなるため。)

 

 

口コミにあった粉を吹いてしまうという問題は、使ってみて使用量やタイミングを微調整していくしかありませんね。しかし、通常使用量で、出来るだけ頭皮へ塗布する意識で使用すればそこまで目立って粉っぽくなることはないでしょう。

 

 

また頭皮になじませる際に優しくマッサージをするようにするとさらに育毛効果が期待できます。

 

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアを比較!

さて、少し変わった成分で紹介したキャピキシル、ピディオキシジルですが実はもう1つその両方を含んだ育毛剤があります。それが幻の2つ名をもつ育毛剤フィンジア。

 

 

有効成分がほぼ同じ両者ですが一体どちらを選べば良いのでしょうか。
いくつかのポイントで比較してみましょう。

 

 

・有効成分
キャピキシル(脱毛因子阻害)
ピディオキシジル(血行促進)
グリチルリチン酸2K(炎症、痒み止め)

 

 

まずこの3種は両者共に使用されていて、フィンジアにはプラスでセンブリエキスが使用されています。(センブリエキスは毛母細胞の活性化、保湿効果)

 

 

そしてサポート成分の分かれ目は唐辛子成分カプサイシンの有無。
フィンジアにはカプサイシンが含まれています。

 

 

・値段(送料無料)
ボストンスカルプエッセンス…12,800円(3本セットの場合1本8,267円)
フィンジア…9,980円

 

 

・保証(商品代金全額返金)
ボストンスカルプエッセンス…180日間
フィンジア…30日間

 

 

※両者返金額は30日分、ボストンの保証詳細は後述いたします。

 

 

それではそれぞれ見ていきましょう。

 

 

まず成分に関してはフィンジアに魅力を感じます。
有効成分としてセンブリエキスが加わっている上、カプサイシンについても私はプラスの評価だからです。

 

 

カプサイシンはそもそも唐辛子の中の発汗に作用する成分で、フィンジアはこれによって毛穴を内側から広げ、成分を浸透させようというもくろみです。

 

 

一方で、ボストンスカルプエッセンスはカプサイシンを頭皮ダメージのある刺激物質として配合していません。これに関しては意見の分かれるところですが、私は発汗作用を合理的だと感じます。

 

 

次に値段、これもフィンジアが有利ですね。
毎月2,000円の差は積もると大きいです。
ただし一度継続を決めれば価格的にはボストンが下回ります。

 

 

最後に保証。
これは私もびっくりしたんですがおそらく業界トップレベルの180日間。
文句なしでボストンスカルプエッセンスでしょう。

 

 

私の場合、総合判断としてまずボストンスカルプエッセンスを買おうと思います。
何で!?って思う方も多いと思うんですが理由は返金保証の期間と、シンプルに試して見たいからです。

 

 

というのも、類似した成分を試さずに表面で比べることは本当に難しいからです。
また口コミでかなり高確率で効果が望めそうだったことも理由です。

 

 

返金保証は便利ですが、潰しが効かない(再注文できない)ものも多いので、私の場合まずボストンスカルプエッセンスを1本買って180日間以内で試して見ます。
値段が高いため、それなりの価値があるのかじっくり見定めたいです。

 

 

その上で、やはりダメなようならフィンジアを注文します。
基本的に育毛剤は90日ほどで効果が出るものなので30日では判断を誤る場合が多いんですよね。

 

 

もちろん、最初から本命を決めて半年なら半年間続けてみるというのも1つの作戦です。

 

ボストンスカルプエッセンスを最安値で買えるのはどこ?

公式サイト (送料無料)

・育毛剤ローション毎月1本定期…12,800円
・育毛剤ローション1本単品…15,356円
・育毛剤ローション3本セット定期…24,800円(1本8,267円)

 

 

返金保証は公式サイトからの購入のみ適用。
180日間までなら商品1本分の返金が可能。

 

 

amazon

・育毛剤ローション1本のみ…最安値15,984円
・育毛剤ローション3本…最安値32,184円(1本10,728円)

 

 

保証は効かない上、どちらも少し割高ですね。

 

 

楽天 (公式ショップ)

・価格は公式サイトと同じ。

 

ただし返金保証表記が見られないため保証は適用外と思われます。

 

 

結果、購入は公式サイトもしくは楽天がお得ですが、初回は公式サイトの方が安心ですね。
楽天ポイントが使用したい場合には、楽天ショップでの購入も可能です。

 

まとめ

ボストンスカルプエッセンスについて概要を振り返って見ましょう。

 

 

・ミノキシジル誘導体やキャピキシルといった注目成分の育毛剤。
・2chでの評価は高めで、確かな効果は望めそう。
・フィンジアと表面上を比べた場合、フィンジア優位だが捨てがたい。
・保証期間は驚異の180日間。
・公式サイトが安くて安心。

 

 

ボストンスカルプエッセンスの記事でまさかのフィンジア優位の軍配を上げてしまいましたが、口コミや成分をみると確かな効果を感じさせてくれる育毛剤です。

 

 

価格も継続であればかなり下がるので、本当に効果があるのならば試してみるだけの価値は十二分にあると思います。

 

 

似た成分のわずかな違いから商品の優越を判断するのは至難なので、まずは気になった方を手にとってみることが大切です。

 

 

それで効果があればそれでよし。無ければもう一方を試す。
そうやってぜひ、自分に本当にあった育毛剤を見つけてください。